【ミュゼプラチナムの予約変更】キャンセルや予約変更の方法は?キャンセル料は?

  1. 【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト
    2. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ
    3. ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話
    4. 【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う
  2. ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて
    1. ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません
    2. 当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない
    3. ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる
      1. ミュゼの契約期間について
      2. ミュゼの回数保証制度について
  3. ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?
    1. ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK
    2. 当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない
    3. 当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル
    4. ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能
  4. ミュゼの無断キャンセルはどうなる?
    1. 無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる
    2. 無断キャンセルでもペナルティは発生しない
    3. 無断キャンセルをしても次回予約は取れる
  5. ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?
    1. ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる
    2. ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない
    3. 両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない
    4. 全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能
    5. 生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ
  6. ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法1・会員サイト

ミュゼプラチナムの予約変更やキャンセルは、会員の専用サイトからカンタンに手続きを行うことができます。
ミュゼプラチナムの会員専用サイトからの予約変更・キャンセルの手順をまとめました。

STEP1.ミュゼプラチナム会員サイトのログイン画面からログイン
STEP2.画面左側にある「お手入れ予約・変更」をタップ
STEP3.予約、変更画面が表示されたら、一番下にある「お手入れの予約をする」またはキャンセルのバナーをタップ
STEP4.画面が切り替わったら契約していたコースより予約したいコースをチェックして「次へ」をタップ
STEP5.予約確認画面がポップアップで表示され、「はい」をタップし、画面の案内に従って手続きを進める

ミュゼプラチナムの会員サイト登録は初めての方に限り無料カウンセリングの予約が最初のステップになります。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法2・アプリ

ミュゼプラチナムの予約変更は、専用のアプリとなる「MUSSE PASSPORT(以後、ミュゼパスポート)」からの手続きも可能になっています。
ミュゼプラチナムのミュゼパスポートで予約変更をする際には、

STEP1.アプリのホーム画面にある「予約状況」をチェック
STEP2.「変更」「キャンセル」の表示から「変更」をタップ

するだけでカンタンに手続きが完了します。

ミュゼパスポートでは、予約の変更はもちろん、万が一の体調不良などで予約していた日時に施術を受けられない場合のキャンセルの手続きも可能です。

またリアルタイムで通っているサロンの空き状況もチェックできるので、インストールしておくと何かと便利に感じるでしょう。

ミュゼの予約変更・キャンセルの方法3・電話

ミュゼプラチナムの予約変更は、インターネットやアプリでの手続きに慣れていない女性にも安心の、電話での手続きが可能になっています。
ミュゼプラチナムの電話での予約変更は、

フリーダイヤル:0120-965-489

に電話をかけるだけでオペレーターに予約変更の旨、次に施術を受けたい希望の日時を伝えて手続きが完了します。
ミュゼプラチナムの電話の予約変更は、年中無休で受付時間が午前10時~午後19時までとなり、土日祝日の昼~夕方にかけては混み合うケースもあるため、早い時間にかけることがおすすめです。
予約の変更はもちろん、脱毛に関する相談なども受け付けているため、こちらもメモや電話帳に記録しておくと便利でしょう。

【無料カウンセリング】の予約変更・キャンセルは電話またはWEBで行う

ミュゼプラチナムの施術は、無料のカウンセリングを受けることが最初のステップになります。
もし、ミュゼプラチナムの無料カウンセリングをする日時に都合が悪くなった場合は、電話またはWEBでの予約変更やキャンセルが可能になります。
ミュゼプラチナムの無料カウンセリングの予約変更・キャンセルは、通い始めてからの予約変更・キャンセルを受け付けている、

コンシェルジュデスク:0120-965-489

の電話番号での手続きとなり、自宅の電話・携帯電話・スマホのどれでも無料通話が可能です。
ミュゼプラチナムのコンシェルジュデスクは、年中無休の午前10時〜午後19時までとなっていますが、余裕を持って予約変更やキャンセルは早めに済ませておくようにしましょう。

【ミュゼプラチナムは予約取れない?】アプリで簡単!予約や空き状況の確認方法

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

脱毛サロンの予約変更やキャンセルは、それなりに高額なペナルティ料金が発生するイメージがあるのではないでしょうか?
実際に、大手の脱毛サロン・医療脱毛クリニックの中では、当日の予約キャンセル、予定変更でペナルティ料金が発生したり、1回消化分として扱われてしまうケースも珍しくはありません。
ミュゼプラチナムでは、急な予定で予約変更・キャンセルをしたとしても、途中解約以外では一切の追加料金が発生することはありません。
また、予約変更やキャンセルによって、契約していた施術回数が消費される心配も一切ありません。
ミュゼプラチナムでは独自の回数保障制限を設けていることがこの理由でもあり、とても良心的で信頼できる脱毛サロンと言えるでしょう。

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼプラチナムで施術を受ける日時に、生理や体調不良などのハプニングが発生してしまった…。
このようなトラブルは、女性であれば誰にでも起こりえるケースと言えるのではないでしょうか?
ミュゼプラチナムの当日キャンセルは、ペナルティ料金は発生しないものの、施術に該当している部位の回数が消化されるシステムになっています。
またミュゼプラチナムでは、契約したコースの途中解約に限り、1回の当日キャンセルで解約時1回分の返金が減る仕組みになります。
ミュゼプラチナムの当日キャンセルの解約時1回分はそれなりに高額な金額となるため、損をしないためにも体調やお肌の様子を見ながら最適なスケジュールを立てて予約をすることが得策でしょう。

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼプラチナムの回数保証制度は、見聞きすることが多い情報のひとつなのではないでしょうか?
ミュゼプラチナムの回数保証制度は、
・契約日から3年もの長い期間保証がある
・契約した脱毛プランに設定されている契約期間のこと
という仕組み・システムがあり、コロナ禍で通えない場合はこの制度が使えなくなってしまうので、3年以内に脱毛を完了できるようにスケジュールを立てておくことがおすすめです。

ミュゼプラチナムの回数保証制度には、

・デリケートな肌質にも安心のS.S.C方式脱毛が受けられる
・高速脱毛機の採用で3年以内に完了できるケースがある
・両ワキ+Vラインの脱毛は通い放題で施術が受けられる
・アフタートリートメントに美容効果が期待できる

など、いくつものメリットが備わっています。

ミュゼの契約期間について

ミュゼの契約期間は2016年6月1日以降に契約したコースについては、一律3年間となります。
契約期間内にお手入れをすることにより、最大で5年間まで延長されます。
何回のコースを契約したかにより、いつまでに何回通わないといけないかが必然的にわかります。
計画をきちんと立てておくが重要です。
キャンセル料が発生しない・直前に予約変更してもペナルティがないとは言え、契約期間があるため早めに通っておかないと後で大変な思いをします。
3~5年間あれば十分に効果が期待できますし、予約が取れずに回数を残す心配もなさそうですね。
1つ気をつけたいのは、解約です。
契約期間を過ぎてからの解約はできません。
契約書や会員サイト・ミュゼパスポートのマイページ『ご契約コース内容』から契約期間を確認することができます。
契約期間までに終わるか、終わらないなら解約するか、きちんと見極めましょう。

ミュゼの回数保証制度について

ミュゼには回数保証制度があります。
当日キャンセルや無断キャンセルしても回数が保証されているため、1回分の消費とはなりません。
キャンセルで1回分を消費する脱毛サロンもあるなか、良心的ですね。
回数保証制度は懐に優しいですが、何より脱毛効果にも好影響があります。
契約期間内に回数分の施術を受ければしっかり効果が出ます。
回数保証=効果保証と言っても過言ではありませんね。
ただし、回数保証があるからと言って当日キャンセルや無断キャンセルはなるべく避けましょう。
失礼な対応は誰も幸せにしませんからね。
マナーよく、丁重にお断りするように心がけましょう。
回数保証制度はとても良心的な制度なので、ミュゼプラチナムで契約する決め手になりますね。

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

一般的な脱毛サロンの予約変更やキャンセルは、予約していた日時の2~3日前に手続きを済ませておくことがルールになっています。
ですが脱毛サロンの一般的なこのルールは、急な予定が入った際でも対処されないデメリットを感じるものですよね。
ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルは、予約していた日時の24時間前であれば手続きが可能になっているので、急な予定が入って施術を受けることが難しくなった場合でも安心です。
ミュゼプラチナムの24時間前の予約変更・キャンセルは、予定が入りやすい忙しい女性にも安心のシステムとなり、他の脱毛サロン・医療脱毛クリニックにはなかなか見られない良心的なメリットに感じることでしょう。

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

脱毛サロンの当日キャンセルに関する価値観やイメージは、女性それぞれに違いがあるものではないでしょうか?
ミュゼプラチナムの当日キャンセルに該当し、判断されることのひとつ目には、お手入れの開始時間までに来店がないケース。
ミュゼプラチナムは、予約していた日時の10分前程度に来店しておくことが推奨され、この理由は施術を行う前にお肌や体調チェックなどのカンタンなカウンセリング・ヒアリングをしておく必要があるからなんです。
ミュゼプラチナムではこのようなシステムを採用しているため、予定していた日時に来店がない場合は、当日キャンセルの扱いになります。
ただサロンの稼働状態によっては、予約の時間から数十分の遅刻であれば施術を受けられるケースもありますよ。

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

ミュゼプラチナムの当日キャンセルに当てはまる二つ目には、お手入れがスタートする24時間前を過ぎてからの変更やキャンセルがあります。
ミュゼプラチナムでは施術を受ける女性が決まった日時でスムーズにお手入れを受けられるよう、細かで綿密なスケジュール調整を整えています。
このような理由から、ミュゼプラチナムでは予約を入れていた日時の24巻前を過ぎてからの変更やキャンセルは当日キャンセルに該当すると判断し、再度の予約調整を行っておく必要があります。
ミュゼプラチナムでは予定日よりも24時間前に変更・キャンセルの連絡・手続きをしていなくてもペナルティにはなりませんが、予定通りに脱毛を進めていくためにもスケジュール管理を徹底しておくことがおすすめです。

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼプラチナムでは、希望していた日時に予約が取れなかったとしても、会員専用のアプリからキャンセル待ちの通知を受けることができます。
ミュゼプラチナムの会員専用アプリのキャンセル待ちは、

・会員サイトに登録をしておく
・来店する店舗の予約状況、予約検索画面をチェック
・会員サイト下部にある時計マークの「空き通知」をタップして予約調整

するだけでどの日時が空いているのか、さらにはキャンセルを待つための手続きができます。
ミュゼプラチナムの予約状況は予約が入っていたと思っても、数分後にはキャンセルされているケースが多々あります。
できるだけ希望の日時に施術を受けるためにも、ミュゼプラチナムの会員専用のアプリの登録、予約状況のこまめなチェックをしておくようにしましょう。

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼプラチナム 予約変更

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼプラチナムの予約をしていた日時に、スマホの不具合などのトラブルがあると、連絡ができず無断のキャンセルをせざるを得ない状況になることも少なくはないでしょう。
脱毛サロンでは一般的に、予約の無断キャンセルは、ペナルティ料金の発生や契約していた回数が消化されることが通常になっています。
ミュゼプラチナムの場合は良心的なシステム・サポートが大きな特徴となっていることもあり、無断キャンセルは当日キャンセルとみなされ、ペナルティ料金の発生・回数の消化につながる心配がありません。
ただ無断キャンセルをしたとしても、連絡ができなかった理由を後日に伝えておくことがマナーになると認識しておくようにしましょう。

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼプラチナムで予約していた日時に来店することができず、物理的な理由で連絡ができず、無断でキャンセルをしてしまったとしても、他の脱毛サロンのようなキャンセル料、ペナルティは一切ありません。
ただミュゼプラチナムの予約の無断キャンセルは、物理的な理由であってもなんとなく自分の中に後悔やもやもやした気持ちが残ることもあるでしょう。
またミュゼプラチナムのエステティシャンと親しくしていた人がいる場合は、余計な心配や不安感を抱かせる原因になってしまうこともあります。
毎回心地よい気分でミュゼプラチナムに通うために無断でキャンセルをしてしまった場合は、後日サロンに連絡を入れて、お詫びを伝えつつも次の予約相談をしておくと良いでしょう。

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼプラチナムで一度でも無断キャンセルをしてしまうと、「もう予約を取ることができないのではないか…?」とイメージする女性が少なくはないよう。
一般的な脱毛サロンでは無断キャンセルにおけるペナルティの内容がとても厳しいケースがあるのですが、ミュゼプラチナムでは無断キャンセル後でも希望の日時を相談しながら予約確保することができます。
ミュゼプラチナムで無断キャンセルをしてからの次回の予約確保は、

・会員専用アプリ(ミュゼパスポート)
・会員サイト
・電話
・店舗に直接出向いての相談(本来はNGです!)

のいくつもの方法があるので、自分のやりやすい方法を取って早めに予約手続きを取っておくようにしましょう。
その際には、無断キャンセルをしてしまった理由を伝え、お詫びをすることも今後気楽に通い続けるコツになりますよ。

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

女性は体質や体調、生活習慣などによって、生理の周期が安定しないケースも珍しくはないですよね。
ミュゼプラチナムの予約をしていた当日に生理になってしまった場合でも、このサロンでは当日キャンセルの扱いになります。
生理期間はこれまでよりも肌質や体調が敏感になり、VIOライン以外の脱毛を受けた場合は痛みや不快感を感じることが少なくはありません。
ミュゼプラチナムでは、予約の当日に生理になってしまった場合でも、お肌とカラダの安全を守るために施術を控えてもらうことを推奨していて、次回の予約も問題なく手続きできます。
ミュゼプラチナムで予定通りに施術を受けることができるよう、生理周期を見直し・把握しておくようにしましょう。

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ミュゼプラチナムでは、生理期間でもVIO脱毛を受けることができるのか?一度は疑問に感じた経験があるのではないでしょうか?
ミュゼプラチナムでは、生理期間のVIO脱毛を受けることができず、施術を受ける女性の安全と健康を守るための以下の理由があるからなんです。
衛生的な面でのリスクが高くなるため
お肌がいつも以上に敏感になっているため、痛みややけどなどのトラブルが出やすい
経血と施術時に使用するミストが混ざって本来の効果を活かせない
生理期間中はミュゼプラチナムをはじめ、ほとんどの脱毛サロン・医療脱毛クリニックにてVIO脱毛を受けることができないため、生理中はお肌を休ませる期間だと受け止めておくようにしましょう。

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼプラチナムで人気の「ミュゼの両ワキ+Vライン脱毛コース」は、このふたつのパーツが組み合わさったプランとなっているため、両ワキのみの脱毛を受けることは不可になっています。
これまでにVラインのセルフ脱毛をしていたり、医療脱毛クリニックでVライン脱毛が完了している人の場合は、両ワキのみの施術を希望するケースもあるでしょう。
ただワックスや除毛クリームを使ったセルフによるVライン脱毛は、ミュゼプラチナムのような光を当てた方法ではないため、時間の経過とともにまたムダ毛が生えやすくなります。
ミュゼプラチナムの両ワキ+Vライン脱毛コースは、セルフケアで中途半端になっているVラインをプロの手によって脱毛できます。
さらにはiPS細胞培養上清液配合のiPトリートメントエッセンスミストを使用するため、くすみ・ごわつきのないなめらかな質感に整うため、いくつものメリットを実感できるでしょう。

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

ミュゼプラチナムの「全身美容脱毛コース」は、両ワキとVIO脱毛を含む全身脱毛プランのことを言います。
このプランは全身脱毛の日程が取れない場合に限り、両ワキ+VIOのみの脱毛、予約をすることが可能になっています。
またVIO脱毛のみ、別の日に振り替えが可能になっているため、生理期間が重なりそうだと不安な女性にも安心のプランとなります。
ミュゼプラチナムの全身美容脱毛コースは、100円キャンペーンなどの申し込みでより詳しい内容を提示してもらうことができるので、まずは電話やオフィシャルサイトからのお問い合わせをしておきましょう。
VIO脱毛のみを他の日に振り替えるのは、通う時間や着替えの手間がかかることもあるため、ここでも生理周期を確認して予約を取ることがおすすめです。

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

ミュゼの脱毛はお肌に優しく、痛みが少ない脱毛として人気が定着していますが、生理期間はホルモンバランスのゆらぎによって、お肌・メンタル・体調がベストではない状態でもあります。
生理期間の脱毛は、VIOライン以外であればミュゼプラチナムでも受けることが可能になっていますが、お肌とカラダ、メンタル面の健康を守るためにも予約変更・キャンセルをしておくことがベターと言えます。
ホルモンバランスの乱れが比較的安定する生理後の、ミュゼプラチナムの施術は、終始リラックスして痛みを感じにくい分、脱毛の効果が実感しやすくなると言えます。
ミュゼプラチナムでは生理でキャンセルや予約変更をしても、キャンセル待ち・振替予約などのシステムが充実しているため、このようなツールを活用してみることがおすすめです。

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルは、他の脱毛サロン・医療脱毛クリニックに多いペナルティ料金発生・回数消化などの影響が一切ないため、とても良心的な脱毛サロンであることがわかりましたね。
また、ミュゼプラチナムには回数保証制度が設けられているところも、誰にでも起こりえる予約変更・キャンセルを考慮した大きなメリットになります。
ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルは、誰でも手軽に手続きできるカンタンな方法で、手段も多いため、ニーズに沿った手続きができます。
これからミュゼプラチナムに通う人、今通っている人も、予約変更やキャンセルのやり方、仕組みをもう一度チェックして、予定よりも早い脱毛完了を目指していきましょう。

【ミュゼの口コミ】脱毛サロンの料金が安いけど効果ないの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました