【涙やけドッグフードランキング】涙やけの原因・改善方法や対策/おすすめのドッグフード

涙やけができる原因/ドッグフードなど食事が原因となる?対策・改善方法について

涙やけ ドッグフード ランキング

犬の涙やけの原因にはドッグフードなど食事が原因となることがあります。
涙やけができる犬種としてはチワワ・ポメラニアン・トイプードル・マルチーズなどに多く見られます。
愛くるしい顔をしているだけに、鉄褐色(茶色)の涙やけになってしまうと、苦しそうに見えてしまうもの。
そんな涙やけの原因にドッグフードがあるとはどういうことなのでしょうか?その理由はドックフードに添加物が多く含まれていることが原因に考えられます。
そのため消化不良を起こしてしまい、体内に老廃物が溜まりすぎて鼻涙管を詰まらせてしまうのです。
その結果、鼻涙管が細くなったり詰まる鼻涙管閉塞を発症して涙やけを引き起こしてしまうと考えられています。
そのためにドッグフードを変えることで改善することもあるのです。

涙やけの症状/涙が酸化、細菌繁殖を起こすことで鉄褐色(茶色)に変化する

犬は成長してくると顔の骨格にも変化が見られますが、その過程で流涙症を起こしてしまうことがあります。
成長が止まり大人になると流涙症が収まることもあるのですが、本来、犬の涙は透明です。
しかし、涙がそのままになっていると、酸化したり細菌繁殖が起こり、涙の色が鉄褐色へ変色していくのです。
この赤茶色の原因はポルフィリンとされており、身体鉄分を分解する時にときに生成される成分。
消化管・尿・唾液・涙を通して排泄されていくのですが、特に白色・淡い色の犬に涙やけが多く見られるのです。
それは涙・唾液の中のポルフィリンが白い毛に付着することでシミになるというものです。
このような涙やけにならないためには、目の周りの洗浄液などでこまめに拭いて清潔にしておくことが大切です。

涙やけの予防・対策/目の周囲を専用の洗浄液で拭き清潔にすること

では、犬の涙やけを防ぐためにはどのようなことを施せがいいのでしょうか?犬の涙やけはポルフィリンを含んでいる涙を顔に残したままにならないようにすることが一番。
具体的には眼の周りを常に清潔にしておくこと。
目の執念を中心に顔の毛を刈って短くしておくことや、1日2回程度蒸しタオルで涙を洗い流して顔を拭きながらきれいにしておくのです。
特にホウ酸が含まれている洗浄葉を使うとポルフィリンをきれいに洗い流すことができます。
人間と同じように犬にも言えることですが、顔の清潔さを保っておくことで、ポルフィリンを完全に洗い流して赤くシミにならないようにしておくことが、ポイントなのです。
意外なことですが、飲み水に使うプラスチック製のボウルなど小さなビヒが入っていることで細菌を繁殖させてしまい、涙やけを引き起こすこともあるので、注意しなくてはなりません。

涙やけの原因1・鼻涙管閉塞

流涙症とは?/なりやすい犬種

涙やけで流涙症という病気がありますが、どのようなものでしょうか?
流涙症は、目が潤んでくることで涙が貯まり、その量が増えていくことで、目尻・目頭からこぼれ溢れ落ちることを指しています。
ただ 涙が流れ落ちるだけでなく、これが邪魔をしてしまい、かすみ目の原因になったりするのです。
しかも、目の周辺の皮膚も荒れてしまい、犬にとってもかなりの不快感を伴っているはず。
流涙症になりやすい犬種には、コッカースパニエル・チワワ・トイプードル・パグ・ビションフリーゼ・ブルドッグ・ペキニーズ・マスチフ・ラサアプソ・ラブラドールレトリバー・スタンダードプードル・ダックスフントなどが挙げられます。
なお、流涙の原因を取り除くためには、涙の排出するところを洗浄し、涙点・涙小管の拡張や眼瞼・涙点の外科的処置などが行われるのです。

鼻涙管閉塞の対策/鼻涙管のマッサージ

鼻涙管閉塞の対策としては鼻涙管をマッサージすることが効果的。
鼻涙管閉塞の場合、家庭で涙嚢のマッサージで治癒することが少なくありません。
目頭から鼻の付け根までを指で軽く圧迫するようにマッサージをしていくのです。
できることなら 1日3回〜4回ほどマッサージしてください。
また、程度によってはマッサージした後に抗生物質の点眼を行うとさらに効果が高まっていきます。
このマッサージを行う前に、本当に鼻涙管閉塞なのか検査して獣医の判断が必要となりますが、涙道通水試験という検査で涙点から生理食塩水を入れて涙道がちゃんと機能しているかを確認します。
もし、鼻腔内に排出されずに涙点から逆流するなら鼻涙管閉塞となるので、医師の指示に従い、マッサージを施すようにしていってください、

涙やけの原因2・逆さまつげ

眼瞼内反症とは?/対策や改善方法

眼瞼内反症は瞼が内側に向かって曲がり込んでいる病気です。
まつ毛・被毛が角膜や結膜に当たってしまうため、犬がこの刺激に意識を向けて前足で目をこすったりして角膜炎・結膜炎を引き起こしてしまうのです。
眼瞼内反症が原因で角膜炎や結膜炎になりやすく、症状が悪化すると治りにくくなることもあるので注意が必要。
先天的なものもあるのですが、怪我など他の病気で筋肉や神経が正常に動かなくなり、発症することも。
被毛の刺激で角膜炎・結膜炎が発症して目ヤニが増加、長い間刺激が続くことで痛み・痒みが起こり目をいつもこするようになります。
結膜炎などが一過性のものであれば、点眼など治療で改善されますが、眼瞼外反症にで症状が悪化した場合は、外科的な治療を行うことになります。

異所性睫毛とは?/対策や改善方法

では、異所性睫毛とはどのようなものでしょうか?また対策や改善方法はあるものなのか?
異所性睫毛は通常、上眼瞼に見られることが多いのですが、瞼の裏側などに普通なら生えないような場所にまつ毛が生えている状態のことを指しています。
睫毛重生に近いものがありますが、マイボーム腺から発生して結膜を突き抜けて角膜に向かって生えていくのです。
その結果、かなりの刺激が伴い涙が出るもの。
まつ毛が角膜に当たってしまうことで、その時に角膜に刺激されていきます。
結膜炎や角膜炎を頻繁に発症する場合は、逆さまつ毛や瞼の裏側にまつ毛が生えているるたに症状にマッチした治療で涙の原因を取り除くしかありません。
治療としては毛根ごと結膜を切除する方法で改善することになるのです。

涙やけの原因3・食物、ダニ、花粉などのアレルギー

アレルギー皮膚炎が目周りに起こると結膜炎を起こし涙の量が増える

アレルギー皮膚炎が目周りに起こると結膜炎を起こし涙の量が増えることがあります。
前項で説明した瞼の裏側にまつ毛が生える異所性睫毛や、まつ毛が目に向かって生える睫毛乱生が原因となり、まつ毛が目の表面に当たることで涙の量が増えてしまいます。
これだけが涙やけの原因とは言いきれませんが。
他にも食物・ダニ・花粉などのアレルギーで涙やけを引き起こすことも。
アレルギーによる皮膚炎で強い痒みが起こり、目の周辺に症状が現れてくると結膜炎になってしまい、涙量が増えることで涙やけになってしまいます。
そして、白目が充血していきまばたきの回数や涙が多くなり、症状が進んで行くと、壁や床に眼をこすりつけることもありますので、注意が必要です。

涙やけの原因4・ゴミや抜け毛による角膜の傷

換毛期にはしっかりブラッシングをしましょう

涙やけをそのまま放置しておくと、炎症が悪化していくのですが、身体の中に老廃物が溜まりすぎて涙やけの原因になることも少なくありません。
しかし、犬種によっては目の周りの毛が長く伸びるものもいますので、定期的にきちんとケアしておくことも意識しておきましょう。
ケア対策としては目の周辺のゴミや目ヤニをきれいに取り除くことが大切ですが、これだけでなく、ブラッシングも重要なお手入れと考えておくこと。
特に換毛期には抜け毛が多くなっていくので、健康チェックも兼ねる意味でブラッシングをしっかりとしておいてください。
もし、ブラッシングを嫌がるならブラシが身体にマッチしていないことも考えられますが、強い力でブラッシングしている可能性も考えられます。
正しいブラッシングのやり方を確認してから行うようにしましょう。

涙やけの原因5・白内障、緑内障

白内障の予防1・散歩は紫外線の弱い時間帯に行う

犬も人間と同じように白内障にかかってしまうことがよくあります。
遺伝的なものや加齢などの原因で犬も白内障にかかってしまうのです。
犬が白内障になってしまうと、目が白く濁っていき光を認識づらくなっていきます、そのために瞳孔の調節がうまくコントロールできなくなるのです。
1度一度白内障になってしまうと、大量の光や紫外線が目に飛び込んでくるため、症状がさらに進行していき視力が著しく低下していきます。
しかし、犬の白内障は意識次第である程度予防することは可能です。具体的な予防法は適切な時間帯に散歩を行うこと。
紫外線が強い昼過ぎなどの散歩を避けることで、白内障を起こす可能性を抑えることができるのです。
朝・夕方など紫外線の弱い時間帯に散歩させることがおすすめ。

白内障の予防2・ビタミンC不足にならないように注意する

白内障を予防する方法としては、ビタミンC不足にならないように注意するもあります。
タンパク質・脂質・糖質の3大栄養素は。
身体を作り、活動に必要なエネルギーを作り出していますが、ビタミンは身体の機能をコントロールして体内のさまざまな化学反応を助ける役目を果たしています。
その中でもビタミンCが欠乏すると、全身がだるくなったり、疲労感・食欲不振になり、身体のあらゆる部位からの出血する症状を引き起こすことも。
このビタミンCが酸化されることで他の物質を還元するのですが、この機能が体内のさまざなな酵素反応に必要な金属イオンを還元して酵素反応を助けています。
そのために白内障にならないためにも、ビタミンCをしっかりと摂らせることが大切なのです。

白内障を放置すると緑内障に進行することがある

白内障をそのまま放置しておくと緑内障が進行することがあります。
白内障は高齢の犬だけでなく、犬種によって若い時に発症することも。
早期発見が重要になってくるのですが、一般的に発見が難しい病気なので、動物病院で定期的に検査するようにしたいもの。
初期段階の白内障で発見できれば抗白内障薬を点眼していくことで、病気の進行を遅らせることができます。
しかし、白内障を放置しておくと白濁した水晶体が目の中に漏れ出して虹彩・毛様体などのブドウ膜にブドウ膜炎を引き起こしてしまいます。
しかも、このブドウ膜炎が起こることで、緑内障を誘発させてしまい、ひどい場合は治療ができなくなることもあるので注意してください。
少しでも気になる方は早めに診察を受けることです。

緑内障と白内障は併発することがある/白内障の予防は緑内障の予防につながる

白内障は目の中にある水晶体が白く濁ることで視力が失う病気。
水晶体は外光を集めてピントを合わせるレンズの役目を果たしていますが、透明な水晶体が白く濁ってしまうと光を眼底に届けることができなくなっていきます。
緑内障は、眼圧が高くなることで網膜や視神経が障害を受ける病気ですが、症状が悪化していくと、視力低下・失明してしまいます。
本来透明である水晶体が白く濁り視力が失われていく白内障が進行していくと、若年くらいで進行が進み、眼圧が上がっていき、緑内障による網膜剥離なども起こる可能性があるのです。
このように緑内障と白内障は併発することがあるので、白内障の予防は緑内障の予防につながると理解しておくことも大切です。

涙やけの原因6・腸内環境の悪化

涙やけの原因に腸内環境の悪化というケースもよくあること。
犬を飼っている人の中には、ドッグフードを変えることで、涙やけが改善したという人が少なくありません。
ケースによっては、全く効果がなくむしろひどくなったということもありますが、改善されたという人はドッグフードを変えることにより、腸内環境が良くなったと考えられているのです。
ドッグフードに含まれる添加物が原因で、腸内環境が悪化してしまい涙やけに繋がると考えられるのですが、犬の腸内環境を改善するフードに変えていくことで、涙の量が減っていくというもの。
アレルギーなどが原因になる涙やけもありますが、今与えてるフードで、涙やけがひどいのであれば、フードを変更してみる価値があると言っていいでしょう。

涙やけの原因7・消化機能の低下

涙やけの原因には消化機能の低下も考えられます。
涙やけの原因には、鼻涙管が詰まっていることやゴミや抜け毛が目に入ってしまい刺激を受けて涙が出てしまうこともあります。
この他にも逆さまつげや体内の水分不足・アレルギー・排泄環境の問題・涙腺や涙管の気管的なトラブルなど多岐に渡っています。
しかし、犬の尿の色がいつも濃い黄色の場合は十分に注意しなくてはなりません。
このような場合は水分補給が十分ではなく不足している可能性があります。
排泄物や老廃物がしっかりと排出されないため、目・耳・毛穴など全身の穴から老廃物が滲み出ているのです。
その結果、これが原因で涙やけを起こしてしまうので、水分補給をこまめに行うようにしておきましょう。

涙やけの原因8・食生活の問題(添加物の多い食事など)

添加物の多い食事など食生活の問題による涙やけの可能性もあります。
これはアレルギーに伴うものですが、穀物に含まれている植物性タンパク質を消化するアミラーゼという酵素を摂取することで、アレルギーを発症してしまうもの。
本来、犬は肉食動物なので、この手のアレルギーがあります。
アレルギーを発症することで、目の周りなどが赤くなることがあるのです。
この他にも、ドッグフードの原料に使われている動物性タンパク質でアレルギーを起こすことも。
このようにアレルギーの可能性が考えられる場合は、アレルギー検査が必要になってきまので、病院で検査を受けて治療薬を処方してもらってください。
特に柴犬・ヨークシャーテリア、・チワワ・ミニチュアダックスフンドなどは、アレルギーを発症しやすい犬種なので、早めに検査を受けるようにしてください。

涙やけの原因9・水分不足

水分不足も涙やけの原因になる可能性もあります。
水分補給不足が涙やけの直接的な原因になるわけではありませんが、涙やけの原因であるタンパク質などが涙として排出しなくなるために涙やけに繋がっていくと考えられているのです。
水を飲むことは、身体の内に溜まっている老廃物を体外に排出させることになるので、適度に水分を補給させていくようにしていきましょう。
但し、犬も人間と同じように1日に必要な水分摂取量があることも理解しておくことが必要。
体重1kg当たりで50ml程度が水分補給の目安となっていますが、あまり水を飲まない場合は、健康障害を引き起こすこともあるので、注意してください。
ドッグフードをふやかしたりして食べさせることで必要な摂取量を満たしていることがありますが、適量レベルを覚えておくといいでしょう。

涙やけの原因10・歯周病の悪化

意外かもしれませんが、歯周病の悪化も涙やけの原因になることがあります。
歯周病や歯の汚れがひどくなっていることで、近くを通っている涙管が炎症が起こしてしまい涙やけになってしまうのです。
涙やけの原因は多岐に渡っているので、歯をきれいにしておくことが涙やけの改善策とは言いきれませんが、歯の汚れがあまりにひどいと、涙やけになるケースが少なくありません。
あまりに涙やけがひどい場合は、歯をきれいにすることで改善される可能性があります。
犬が歯周病になる可能性はかなり高く、3歳以上で8割程度の犬が歯周病になるとも言われているので、生活習慣はドッグフードも含めて歯のことも意識しておくことが大切なのです。
意識しておくことで、かなり状況が変わってきます。

涙やけの原因11・東洋眼虫の寄生

東洋眼虫とは

東洋眼虫は動物の目に寄生している寄生虫ですが、東洋眼虫の身体は細く長い姿で白くなっています。
大きさは10~16mm程で結膜の間に寄生していることで知られています。
日本国内では、主に西日本を多く生息していると見られているのですが、犬・人・猫に寄生しているとされています。
ショウジョウバエの一種であるメマトイを媒介して東洋眼虫は寄生していくのですが、感染している動物の涙がメマトイが舐めてその涙の中にいる東洋眼虫幼虫がメマトイの体内に寄生。
そして、メマトイが他の動物の目の涙を吸う時に東洋眼虫が寄生するのです。
犬が東洋眼虫症に寄生されると、結膜や眼球内で東洋眼虫が動き、その刺激で炎症を引き起こして、目が充血したり、結膜が腫れ上がってきます。
その結果、涙が増えて、涙やけになることもあるわけです。

涙やけにおすすめのドッグフードの選び方

涙やけ ドッグフード ランキング

選び方1・無添加のドッグフードを選ぶ

目の下がいつも涙で濡れており目の周りの毛が変色してしまう涙やけ。
この症状の原因につでは、涙がスムーズに鼻から出なくなる流涙症や鼻涙管の詰まりやまつ毛が瞼に刺激することから炎症やアレルギー反応が挙げられます。
マルチーズやトイプードルは、元々、鼻涙管が狭いためにまつ毛やゴミの影響を受けやすくなっています。
その結果、涙やけがを発症しやすくなっているのです。
それ以外の犬でもアレルギー によって涙やけになることもあるのですが、ドッグフードが消化しきれずに身体内に老廃物が溜まってしまい、涙やけになってしまいます。
このようなことからドッグフードを選ぶ時には、無添加のものを選ぶようにしましょう。
アレルゲンが含まれていないフード・消化が優しい食材が使われているものを選ぶことがポイントになってきます。

注意したい添加物/酸化防止剤・着色料・保存料・防腐剤・乳化剤・香料はどのような害がある?

注意しなければらない添加物としてはどのようなものがあるのでしょうか?主に酸化防止剤・着色料・保存料・防腐剤・乳化剤・香料などが挙げられます。
添加物は犬だけでなく人にも大きな影響があるのですが、最近は無添加・添加物が使われていない食品が増えていることは周知の事実。
しかし、安全性に対する基準が少ないために、きちんと無添加や添加物が使用されていないことを確認する必要があります。
酸化防止剤・着色料などが含まれていると、ガンなどを発症するリスクが考えられ、最悪の場合は奇形の可能性さえあるのです。
この他にも、皮膚炎などでアレルギーが見られる可能性もあるので、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があることを認識しておきましょう。

選び方2・乳酸菌や食物繊維を配合のドッグフードを選ぶ

ドッグフードを選ぶ際には、乳酸菌や食物繊維が配合されたものを選ぶ必要があります。
腸内の状態が悪くなると、老廃物が身体の中に蓄積されて身体の穴から滲み出てくるため涙やけの原因に。
そのためドッグフードに含まれているものも注意しなくてはなりません。
フードにオリゴ糖・食物繊維が含まれた食材が使われているものを選ぶといいでしょう。
それは腸内環境を整えてくれるためですが、オリゴ糖や食物繊維などは善玉菌として知られています。
腸内で善玉菌を増やす役目を果たしている乳酸菌や食物繊維は、それだけでなく悪玉菌が増えるのを抑えて腸内環境を改善してくれるのです。
オリゴなどの乳酸菌・食物繊維が豊富に含まれている食材としては、玄米・とうもろこし・豆類・ごぼう・じゃがいも・さつまいも・キャベツなどが挙げられます。

乳酸菌が涙やけに良い理由

何故、乳酸菌が涙やけにいいのでしょうか?乳酸菌は犬の身体に大変良い働きをすることは、前述の通り。
具体的に腸内環境を整えてくれる効果があるのは善玉菌がいるためです。
乳酸菌は、ヨーグルト・チーズ・漬け物などの発酵食品が作られる時に使用されるのですが、これらの食材が含まれるフードを犬が食べることで、身体の中に吸収されることになります。
但し、ここで忘れてはならない点は、乳酸菌を継続的に摂り続けること。
食物・飲み物で乳酸菌を摂取しても長らく腸内に留まることができません。
腸に棲息している細菌の種類によっては、新たに乳酸菌を吸収することをしても、腸内に存在し続けることができないのです。
このような特性を持つ乳酸菌を腸内に留めておくためには、日々乳酸菌を含むフードを食べさせ続けることを意識しなくてはなりません。

食物繊維が涙やけに良い理由

食物繊維は小腸で消化したり吸収されることはありません。
大腸まで届く成分のために 便秘を防いだり、腸を整える効果があります。
しかも、血糖値が上がることを抑えてくれたり、血液中のコレステロール濃度の低くする効果まであります。
食物繊維は便の容量を増やして大腸を刺激する効果があります。
その結果腸の動きを活発にして排便を活発にしてくれるのです。
また、食物が大腸まで到達することは、食物繊維が大腸に存在している腸内細菌が食べることで善玉菌を増やしていきます。
その結果、腸内環境が良くなり排便が促進されるというわけです。
また、他の栄養素の吸収することを防止し栄養を吸収するスピードを遅らせてくれます。
その結果、血糖値の上昇の抑えてくれ、高血糖を防ぐ効果が期待できるのです。

選び方3・ヒューマングレード品質のドッグフードを選ぶ

ヒューマングレード品質のドッグフードを選ぶことも1つの方法です。
ヒューマングレードとは人間と同じ等級の食材と理解してもいいでしょう。
ヒューマングレードの品質を持つドックフードは人が食べる食品と同じレベルの管理の下で作られたドッグフード。
そのため 人が食べても健康上問題はありません。
ヒューマングレードのドッグフードは犬の健康に配慮されており、ペットフード製造においては、コスト削減を目的に低品質の材料が使われる恐れもあり、安全性・品質の注視する必要があります。
人間が安心して食べることができる食べ物であれば、それだけ犬にとっても安心して食べさせることができます。
そのように考えると、今後はヒューマングレードをサポートしているドッグフードを選ぶようにした方がいいのです。

ヒューマングレード品質とは

あらためてヒューマングレード品質を考えてみましょう。
一般的にドックフードの中には、人が食べない骨・内臓など食品副産物と呼ばれているものが使用されています。
その中には飼育段階で投与された薬剤が溜まっていることもあるのです。
しかも、栄養バランス重視のために決して人が食べないものが食品副産物としてドックフードに含まれていることも少なくありません。
このように市販されているドックフードの中には、品質や見た目をよくするために、健康障害を引き起こしてしまう添加物が使われているのです。
そのために人間が食べる食材と同じ品質・栄養を持つフードであるヒューマングレード品質が非常に重要になってくるのです。
品質の悪いドックフードを犬に与えないためには、意識しておくべき点と言えるでしょう。

選び方4・国産の低脂肪のドッグフードを選ぶ

ドッグフードは国産の低脂肪のものを選ぶ必要があります。
人間と同じように犬も肥満になると、生命の危険にさらされることも。
低脂肪のドッグフードを選ぶことが重要なのです。
とは言うものの、脂肪は犬にとって重要なエネルギー源であることは確か。
特に脂肪の中でも健康をキープするためにオメガ3・オメガ6脂肪酸は重要です。
体内で生成されないために、ドッグフードで摂取することを飼い主のみなさんが意識することが必要。
健康な皮膚・丈夫な関節を維持したり、心臓・腎臓の保護することなど肥満防止ために低脂肪のドッグフードを摂取することが大事なのです。
そのためには、タンパク質が豊富に含まれていることや、低脂質のために主原料が肉・魚担っていること。
動物性油脂ではないことなどをポイントにしてフードの選択をすることを念頭に置いておくべきです。

高脂肪のドッグフードは食物アレルギーの原因となる

何故、低脂肪のドッグフードにすべきなのか?それは高脂肪のドッグフードだと食物アレルギーを引き起こす可能性があるためです。
犬の食物アレルギーはドッグフードと密接な関係があり、高脂血症となる可能性があるのです。
犬が高脂血症になると、それだけでなく他の病気を誘発さえてしまう危険性ももあり、治療をしっかり施す必要が出てきます。
食物アレルギーがひどくなってくることで、下痢・嘔吐・かゆみ・湿疹など消化器系・皮膚系の問題が現れてくることも少なくありません。
これは食品の成分が免疫機能を低下させてトラブルを引き起こしてしまうこと。
食物アレルギーの原因しては食品の中に含まれるタンパク質が挙げられるのですが、免疫機能が異物として過剰な炎症反応を起こしてしまうことが知られています。
このことから高脂肪のドッグフードは避けるべきなのです。

選び方5・オメガ3脂肪酸を配合のドッグフードを選ぶ

脂肪の中で健康を維持させるために重要な役割を果たすオメガ3。
残念ながら犬はオメガ3脂肪酸を身体の中で作ることができません。
特に犬が高齢になり肥満になってくると、低脂肪のドッグフードを意識しておく必要があります。
但し、脂肪を過剰に摂取することで肥満になるだけでなく、内蔵疾患などのリスクも高くなっていきますので、このような点も注意しなくてはなりません。
毛並みの状態を良くするためにオメガ3の必須脂肪酸が配合されてドッグフードを選ぶことがおすすめ。
必須の脂肪酸を体内に取り込んでいくことで、皮膚を健康に保ちつつ、免疫・発育機能を向上させていくのです。
オメガ3脂肪酸が配合されたドッグフードなのかを確認するためには、メーカーのサイトで主材料やの有無を確認することが意識しておきましょう。

オメガ3脂肪酸が涙やけに良い理由

どうしてオメガ3脂肪酸が涙やけにいいのでしょうか?犬の涙やけの原因は非常に多岐に渡っています。
鼻涙管の詰まり・逆さまつ毛・白内障や緑内障・アレルギー・歯周病・消化不良・食品添加物が多い食事の摂取・腸内環境が悪化など。
このような原因の他にフードの添加物が多いことも一因で消化不良により、老廃物が蓄積されて涙管を詰まらせることも。
しかし、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸は、炎症を抑える働きがある栄養素が含まれており、涙やけ防止に効果があるのです。
しかし、オメガ3脂肪酸は酸化しやすい特性もあるために、ドッグフードを選ぶ際には、、メーカーが記載している消費期限内に食べさせるようにすることがポイント。
せっかくオメガ3脂肪酸が含まれていても、期限が過ぎていると何の意味もありませんので、注意しておきましょう。

オメガ3脂肪酸は酸化に弱いため食べきりサイズのドッグフードがおすすめ

DHA・EPAは炎症を抑えて血流をスムーズにする効果があり、犬専用のオメガ3脂肪酸のサプリメントが扱われているほど。
しかし、前述のようにオメガ3脂肪酸は酸化に弱い傾向があります。
生のままで食べることができるDHAやEPAは効果的ではあるものの、コスト面・衛生面での課題も。
ドッグフードでDHA・EPAが多く含まれる原料が使われたものが増えているものの、製造工程で高熱で処理されて酸化してしまうことも少なくありません。
このように加熱加工フードは、低酸素状態で加熱加工されていたり。
低温調理されているのかも、注視したい点です。
できるだけ新鮮な状態で食べさせるためには、食べきりサイズのドッグフードがいいのです。

選び方6・アレルギーの原料が含まれないドッグフードを選ぶ

食事アレルギーはドッグフードを食べた時に引き起こさせてしまうので、アレルギーの原料が含まれないものを選ぶ必要もあります。
アレルギーを引き起こす原材料には、穀類・乳製品・鶏卵・添加物などが挙げられるのですが、ドッグフードに含まれ原料の中でアレルギーを発現しやすい穀類・乳製品・鶏卵の中でも、大豆・小麦などの穀類は非常に危険だと思ってください。
犬は本来、肉食動物のために穀物をスムーズに消化して吸収することができないことも意識しておく必要があります。
しかし、ドッグフードの中には、見た目の量を増やすために穀物が盛り込まれていることが少なくありません。
犬の健康を考えれば、穀物が使われていないのドッグフードを与えることが十よ綱分です。
また、添加物にも注意しなくてはなりません。
アレルギーを起こすだけでなく、身体の中で反応することで、発ガン性物質を誘発してしまう添加物もあるためです。

【犬にぶどうは大丈夫?】犬が葡萄を食べてしまったときの対処法/症状や危険性

涙やけ対策におすすめのドッグフード

涙やけ ドッグフード ランキング

POM POM DELI(ポンポンデリ)/わんこのおもい

POM POM DELI(ポンポンデリ)は、専門の獣医師が監修した犬の発育に十分な必要な栄養素をしっかりと含んだドッグフードです。
総合的な栄養食としてのレベルをキチンとサポートしているのです。
獣医師が考えているだけに素材は厳選されており、犬の涙やけをふせぐだけでなく、健康を維持させるために必要不可欠な栄養素をしっかり補給することができるようになっています。
犬の腸内環境を整えてくれるようにヒューマングレードの材料を取り入れた理想的な腸活のフード。
ヒューマングレード品質重視のために、POM POM DELI(ポンポンデリ)の品質に一切の妥協はありません。
POM POM DELI(ポンポンデリ) の厳選された素材は腸内環境に効果の高い栄養素がたっぷりと含まれて、食べやすい消化の良いものに仕上がっているのです。

商品名 POM POM DELI
メーカー名 株式会社わんこのおもい
容量 800g
価格 4,390円
主原料 鶏肉、玄米、大麦、鰹節など
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 フラクトオリゴ糖、コラーゲンペプチド、りんご、昆布、DHA含
添加物 なし

このこのごはん/オモヤ

オモヤの「このこのごはん」は、何と言っても愛犬が実際に食べる際に夢中になることに配慮されたドッグフード。
「このこのごはん」を与えてみると、これまで食欲のなかった犬でさえ、食いつきが良くなります。
「気になる素材はどうなのか?」と心配される方もいらっしゃることでしょうが、その点も全く心配がありません。
原料は全て国産で選ばれており、人が食べて問題のない安心できる素材だけを使って作られています。
主原料は、チキンを始め、鹿肉・まぐろを使用。
また、小型犬が健康をキープするためにベストな養素も選び抜かれて配合されているのです。
また、オイルコーティングされていないために、見た目は良くありませんが、小粒タイプで食べやすいサイズとなっている点も特徴の1つです。

商品名 このこのごはん
メーカー名 株式会社オモヤ
容量 1kg
価格 3,850円
主原料 牛肉・ささみ・レバー・モリンガ・サツマイモ・マグロ
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 DHA・EPA
添加物 なし

ロイヤルカナン/ロイヤルカナン ジャポン

ロイヤルカナンは、犬の種類で異なる必要な栄養をしっかりとカバーできる栄養バランスに重点を置いて開発されています。
常に犬の健康を最優先にしているため、ロイヤルカナンはあらゆる専門的な知識が凝縮されたフードと言っていいでしょう。
犬が必要な栄養ニーズを満たすためにビタミン・食物繊維・プレバイオティクス・ミネラルなどが適正な量で配合されているのです。
犬の成長期は非常に重要な期間であるために、さまざまな経験を積み重ねて大きくなっていいきます。
特に犬が子供の時期は免疫機能が少しずつ発達していくため、ビタミンEを含む独自の抗酸化成分を配合して、より健康な身体作りができるのうになっています。
そのために子犬であっても、本来持っている抵抗力も維持させることができるのです。

商品名 ロイヤルカナン
メーカー名 ロイヤルカナン ジャポン合同会社
容量 800g
価格 2,050円
主原料 肉類(鶏、七面鳥)、植物性分離タンパク*、動物性脂肪、とうもろこし、米、小麦、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、とうもろこし粉など
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 EPA・DHA
添加物 なし

【ロイヤルカナンの口コミ】ドッグフードの評判・評価は?食べてはいけない!?

ニュートロ シュプレモ/ニュートロジャパン

非常に栄養のバランスが取れているドッグフードのシュプレモ。
ニュートロジャパンが独自に開発した犬の健康維持に配慮した配合で作られています。
添加物がない自然の中から選び抜かれた原材料に非常にこだわりがあるフード。
発育期を迎える子犬の健康を考えて、問題なく健やかに筋肉や骨が成長することや健康な脳の発達も重視された栄養バランスがあるのです。
しかも、免疫力の高めて健康を維持することにも気を配っており、栄養素に豊んだ品質の高い素材を採用していることは言うまでもありません。
健康を損なうことなく犬の成長を促してくれる最適な栄養バランスで配合されているので、妊娠期や授乳期の母犬でも、十分適したフードと言えるでしょう。
添加物は使わずに天然の原材料の成分が豊富に含まれ、生肉も盛り込まれているので、安心してお使いすることができるのです。

商品名 ニュートロ
メーカー名 ニュートロジャパン
容量 2kg
価格 3,528円
主原料 チキン・玄米・ラムミール・ビートパルプ・鶏脂など
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 ※調査中
添加物 なし

【ニュートロの口コミ】ドッグフードの公式は怪しい?だめ?

モグワン/レティシアン

モグワンは、イギリスのドッグフード生産工場経験を持っているプロの専門家たちが長い時間をかけて研究してきた結果、生まれたフード。
厳選された原料のみで作られているのです。
取り分けヒューマングレードの食品工場から肉や魚の素材を仕入れて使用している点がモグワンの最大の特徴と言ってもいいでしょう。
野菜や果物も素材として使われていますが、肉・魚とのマッチングを考慮して配合されている辺りも、モグワンに対するこだわりが感じられるのです。
その仕上がりはまるでハンドメイドのドッグフードのようであり、新鮮さと高品質のバランスが絶妙にミックスされています。
動物性タンパク源は50%以上の含有率を誇り、グレインフリーで、肉食動物で穀物を食べる習慣がない犬の好みを研究しつくしてきたからこそ、このモグワンが生まれたのです。

商品名 モグワンドッグフード
メーカー名 株式会社レティシアン
容量 1.8kg
価格 3,920円
主原料 チキン・サーモン、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆ほか
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 あり
添加物 なし

【モグワンの口コミ】ドッグフードの評価・評判は?悪評はある?

ナチュロル/Reason Why(リーズンワイ)

ナチュロルは2年という時間をかけて開発した健康と寿命を意識したドッグフードです。
犬だけでなく、人間が食べても安心できる100%無添加のフード。
選び抜かれた新鮮な素材されで構成されています。
特に犬の身体に負担になるとされてきたグレイン(穀物)やグルテンは一切含まれておりません。
新鮮な生肉を50%以上もブレンドして高栄養で高タンパクの良質なものに仕上げているのです。
しかも、1kg当たり1,000egもの高濃度の安定・持続型ビタミンCが配合されていることは、驚異的と言っていいでしょう。
犬種や年齢に縛られず、全ての犬に対して健康を身体の内側から支えることができる最高級のクオリティを持つドッグフードなのです。

商品名 ナチュロル
メーカー名 楽しい製薬株式会社
容量 850g×2袋
価格 5,478円
主原料 牛生肉・新鮮鶏生肉・新鮮馬生肉・新鮮魚生肉、タピオカ、魚粉、紫さつまいも、チーズ、ココナッツ
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 りんご繊維・持続型ビタミンC、天然バイオフラボノイド
添加物 なし

UMAKA/トリゼンダイニング

UMAKAは、地元・福岡の方言(うまか=美味しい)から取ったユニークなネーミングです。
厳選された素材で作られたクオリティは人が食べても、全く心配のない安心安全にて徹底したこだわりのあるドッグフードですよ。
犬の健やかな成長と健康維持のために何が必要かを最優先に考えて原材料を厳選、それらの素材が安定して入手できる点も考慮して作られています。
UMAKAの主な原材料は国産のものを使用。
鶏肉は地元博多の有名な水たき料亭を営む会社が作っているだけに、自社の養鶏場で育てた九州産の鳥の生肉を100%使用しているのです。
その配合率を見ると、AAFCO(全米飼料検査官協会)の基準をクリアするレベルで、長い年月をかけて蓄積した研究の結果、素晴らしい栄養バランスとテイストを実現させています。

商品名 UMAKA
メーカー名 トリゼンダイニング株式会社
容量 1.55kg
価格 4,980円
主原料 生肉
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 あり
添加物 なし

安心犬活/ライフワン

国産の新鮮な原材料のみで作られた安心犬活は、15kg以下の小型犬・室内犬が喜んで食べてくれるように小粒タイプで作られたドッグフードです。
安心犬活はグルテンが一切含まれておらず、無添加の良質なフード。
ちょっとした添加物でも身体に変調をきたしてしまう小型犬は、常にフードの中に添加物が含まれていないかを気にしなければなりません。
しかし、安心犬活は身体に悪い影響を及ぼしてしまうような成分は一切使用されておりません。
まさにヒューマングレードな食材なので人間が食しても問題がない良質なものに仕上がっています。
国内で製造されているだけに、輸入の素材は含まれておらず、製造過程においても品質管理・栄養管理が厳しく、高い安全性を誇っているのです。

商品名 安心犬活
メーカー名 株式会社ライフワン
容量 800g
価格 3,300円
主原料 生肉(牛、鶏、馬、魚肉、豚レバー)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)、魚粉、ヤシ粉末
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 脱脂粉乳、クランベリー、フラクトオリゴ糖、乳酸菌
添加物 なし

カナガン/レティシアン

カナガンは全ての犬で全ての年齢で食することができるドッグフード。
複数頭の犬を飼っているブリーダーが指名するほどのフードなのです。
ドッグフードによっては、犬の年齢やその種類・発育状態によって種類を変えなければならないことが少なくありません。
しかし、カナガンは全種類の犬で年齢も気にすることないので、フードも無駄ににもならないのです。
ペットの先進国と言われるイギリスで、開発・生産されてきたカナガン。
イギリス王室で表彰された名誉あるフードということを耳にしただけでどれほどクオリティが高いかが分かります。
グレインフリーで穀物が全く使われていないので、アレルギーを引き起こす心配もありません。
皮膚・被毛・筋肉などの生育に必要な動物性タンパク質が豊富に含まれているので、健康的な被毛も出来上がるのです。

商品名 カナガン
メーカー名 株式会社レティシアン
容量 2㎏
価格 3,960円
主原料 チキン
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 あり
添加物 なし

Dr.ケアワン/アニマルライフ

動物の栄養学における専門家がドッグフードを作るととうなるのでしょうか?そんな夢のような話を実現させたのがDr.ケアワン。
Dr.ケアワンは動物栄養学の博士を持つ人が監修した利用の犬専用のフードと言っていいでしょう。
国産素材のみを使用して、添加物は一切含まれておりません。
機能性をサポートする成分までブレンドされており、栄養バランスが非常に高いドッグフードなのです。
涙やけ対策としても主原料に動物性タンパク源の鶏肉が使われており、タンパク質が豊富に含まれています。
そのため被毛がきれいになり、血液・骨までも丈夫になる必要な栄養素。
これから成長していく幼い子犬の身体作りにも最適な必須アミノ酸までもたっぷりと含まれているので、是非摂り入れたくなる逸品です。

商品名 Dr.ケアワン
メーカー名 株式会社アニマルライフ研究所
容量 800g
価格 3,000円
主原料 鶏肉・大麦・ビール酵母・黒米・赤米
食物繊維・乳酸菌・オリゴ糖 βグルカン・食物繊維
添加物 なし

涙やけの原因・対策とおすすめのドッグフード

ここまで犬の涙やけにおすすめのドッグフードについてご紹介してきました。
涙やけの原因には色々なものがありますが、ドッグフードについても十分に気をつけなければなりません。
特に酸化防止剤を始め着色料・保存料・防腐剤・乳化剤・香料などの添加物が含まれているフードは、犬に大きな影響があるため、無添加・添加物が使われていないものを選ぶ事が大切です。
そのような意味ではヒューマングレード品質のドッグフードを選ぶことも選択肢として考えておきたいところ。
人と食べている同じ品質や栄養が含まれている食材を意識しておくことも重要。
ヒューマングレードの品質を持っているドックフードは犬の健康に配慮されたものなので、ここでご紹介したフードを中心に愛犬の食事を考えてみることにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました